部分入れ歯の種類

お一人おひとりに合った入れ歯治療を提案できる技術と経験・そして、誠意

入れ歯には、一般的なバネを使った入れ歯だけではなく、たくさんの種類があります。 近年では、やわらかい材質で作られた入れ歯や、金属のバネの無い入れ歯なども使われているようですが、入れ歯を専門に学んだ私は、残っている歯の保全ができ、長く機能し、噛めることのできることを条件とした入れ歯かどうかを見極めて、できるだけ長く機能する治療方法を提案します。 入れ歯もインプラントも長年手掛けてきたからこそ言える、それぞれの特徴を誠意をもってお伝えできます。

失った歯を治療するには、いくつもの方法があります。入れ歯も、さまざまな種類があります。そしてその中から、何を優先順位として選択するかは、それぞれの患者さんによって違いがあることは当然です。

どの治療法が、その方にとって、どういったメリット・デメリットがあるか、幅広い技術と経験を基にお伝えすることは、歯科医師としての最低限の誠意だと、私は思っています。

その観点から、治療のやり直しをする時期についても、患者さんの立場に立って検討することが大切だと考えています。

患者さんの状況によっては、今のまま使える治療はそのまま使い、本格的な治療時期を少し先にすることを提案することもあります。

もし、自分が患者であったら、無駄な治療はしたくありませんし、使える治療はできだけ使っていきたいと思いますので、患者さんを大切に思うなら、そういったアドバイスも必要だと考えます。下記に列記するように、入れ歯には、さまざまな種類があり、ご覧いただくと、今まで抱いていた入れ歯のイメージを大きく変えるかもしれません。

しかし、上に書いた観点から、ここに提示した各種の入れ歯が、すべての方にとって最良の治療になるとは限りません。それぞれの方のお口の状態を診断し、どういった種類の入れ歯が可能か、あるいは、インプラントなどの他の方法も検討すべきか、丁寧に検討して治療方法の相談を行うことが不可欠です。歯科医師として、自分が得意な治療、やりやすい治療に偏ることがないように、あらゆる治療を網羅できるように研鑽を積むことは、いつまでも終わることはありません。

それと同時に、治療を終えた後の患者さんにとって、最良の治療ができたかどうか、を常に検証しています。その大切な一つが、お寄せいただいた患者さんの治療後の感想です。喜びの声をいただいた時、私たちも嬉しさを感じるとともに、私たちの提案、提供した治療が患者さんのためになったと安堵し、さらに研鑽を積んで行こうと新たな思いを抱きます。

金属床義歯  バネを用いた骨組みが金属の義歯

Thumbnail Image 1

残っている歯に精密に加工したばねをかけて部分入れ歯を安定させます。 骨組みに金属を使用していますので変形がなく丈夫です。

Thumbnail Image 1

金属が丈夫なので、入れ歯の大きさを、レジン(合成樹脂)のものに比べてずんぶん薄く作ることができます。大きさも小さくすることができる場合もあります。金属は熱伝導性がよく、食べ物の熱さ、冷たさも、しっかりとお口の粘膜に感じることができます。また、しっかりとした入れ歯で、噛んだときにたわまないので、残っている歯に有害な力が加わりにくい入れ歯です。

Thumbnail Image 1

保険でよく使われるプラスチック樹脂の入れ歯です。たわむ心配があり、噛んだときに歯に負担がかかりやすく、長期的な使用にはあまり望ましい構造ではありませんが、調整用義歯として必要な義歯です。強度不足を補うために、入れ歯は大きく、厚くなります

コーヌス入れ歯  バネを使わない部分入れ歯

Thumbnail Image 1

ばねを全く使わないため、入れ歯を使っていることが他の人にわかりにくい部分義歯です。 残っている歯に冠をかぶせ、部分義歯に連結した冠をその上から2重にかぶせて、摩擦力を利用して部分入れ歯が落ちないように工夫しています。

Thumbnail Image 1

この場合、残っている歯は5本だけなので、普通の方法では、上あごの全体をおおう大きな部分義歯になってしまいます。コーヌス義歯は、ちょうど茶筒が、本体とふたがぴったり合ってなかなか落ちないという仕組みと同じ方法で、入れ歯を口の中に維持します。残っている歯には垂直に近い精密な角度の冠をかぶせ、入れ歯のほうに仕込んだ冠とぴったりと合わせます

Thumbnail Image 1

完成したコーヌス義歯です。あご全体を覆うことも無く、しかも、はずれにくい入れ歯です。余分な針金などがまったく使われていないため、周囲の人にも、入れ歯を使っていることが分かりません。小さく、しかもしっかりとおさまっているので、人前で話をする方(英語の先生、歌を歌う方など)にも安心して、お使いになれることでしょう。

精密アタッチメント義歯  精密機器を用いた部分入れ歯

Thumbnail Image 1

いわゆるばねが全く見えない部分義歯の一種です。残っている歯に特殊な連結装置を組み込んだ冠をかぶせ、もう一方の連結装置を組み込んだ部分義歯とぴったりと連結させて、入れ歯の安定を図ります。いろいろな連結装置が考案されています。

Thumbnail Image 1

残っているご自分の歯のほうの冠に組み込んだ精密な連結装置です。精密アタッチメントと言う名前のとおり、ごく小さな装置でも、しっかりと入れ歯を安定させます。

Thumbnail Image 1

入れ歯とそれに組み込まれた、もう一方の連結装置です。いわゆる、部分義歯特有の針金が無いので、患者さんには、入れ歯を使っていることが分からない点が良いと喜ばれています。

磁石義歯  磁石を用いた入れ歯

磁石は、残っている歯の状態があまりよくない場合や、歯の数が少ない場合によく用います。これは、一本もご自分の歯が無いケースに磁石を使ったものです。インプラントをして、それに磁石の一方を組み込んであります。 完成した入れ歯の内側です。入れ歯(義歯)に磁石を組み込んであります。お口の中の磁石とぴったり引き合って、入れ歯が(義歯)がしっかりとおさまります。

※詳しくは「総義歯の種類」ページをご覧ください

ブリッジ  橋義歯

Thumbnail Image 1

できることなら、取り外しの入れ歯を使いたくないと願う方は大変多くいらっしゃいます。橋義歯(ブリッジ)は残っている歯を橋げたのように使うことで、義歯を外れないように固定してしまう方法です。このケースのように残っている歯が少ない場合でも、可能な限り、橋義歯(ブリッジ)を使うことができます。ただし、残された歯がブリッジをするのに必要な条件を満たしていないときには難しい場合があります。

Thumbnail Image 1

これから装着する橋義歯(ブリッジ)と入れ歯です。大部分を橋義歯(ブリッジ)にして、外れないように残っている歯に歯科用セメントでつけてしまいます。残りの部分は、小さくて針金を使わないアタッチメント義歯にしました。

Thumbnail Image 1

橋義歯(ブリッジ)をお口に歯科用セメントで付けたところです。取り外しの入れ歯は右側のごく小さなものです。入院、手術の時にも、セメントで付けた橋義歯(ブリッジ)の部分は、取り外す必要がありません。

インプラント義歯

Thumbnail Image 1

歯を失った顎に人工歯根(インプラント)を手術で埋めて、歯と全く同じ機能を取り戻すことができる治療法です。この写真は土台になる人工歯根(インプラント)を歯肉に埋めたところです。人工歯根(インプラント)は、見た目にも機能的にもご自分の歯とほとんど同じように使えます。

Thumbnail Image 1

埋め込んだ人工歯根(インプラント)に冠をかぶせたところです。しっかりと固定されるので、取り外しをする必要がありません。最近、磁石を取り付けることができるインプラントも開発され、取り外し式の入れ歯に使うなど、いろいろな方面に臨床応用が進んでいます。

(注) いずれの方法も、患者さんの歯、歯肉、粘膜、あごの骨、および全身状況によって、利用できない場合がございます。が、最近は、このようにさまざまな方法が開発されております。萩原歯科医院では患者さんのお口の状況を十分に検査し、毎日の生活の中でのご希望をよくお伺いして、お一人お一人に最適な入れ歯をご提案いたします。

ご希望の方は、初診相談を無料でお受けしています。

0120-185-255

携帯でご覧の方はこちらを
タップすると通話が可能です
予約は診療時間内に
お電話で承っております。