総入れ歯の種類

「どういう総義歯なら、見栄えがよく、良く噛めて、長く使えるのか」

総義歯にしろ、部分義歯にしろ、材料の違いによって義歯の種類は、幾つかに分けられます。ここではそれぞれの詳しい説明とともに材料の選び方の注意点について述べていきます。

レジン床義歯

金属床義歯

さらに、金属床義歯は、「床」という部分に使う金属によって・コバルトクロム床
・チタン床・金床などに分けることができます。一般的な金属床義歯は、コバルトクロムを使います。
(*最近、インターネット上で話題になっている、やわらかい義歯の注意点や、インプラントと磁石を併用した総義歯については、後述)

金属床の長所と、注意点

 金属床の長所

金属床と言っても、金属だけで作られているわけではありません。
総義歯に限らず義歯は、人口の歯とそれ以外の「床」という部分から構成されていますが、レジン床義歯は、人口の歯以外の歯肉、顎の土手や上あごに接する部分など、歯以外の部分をピンク色のレジンという材料(合成樹脂)で作製します。

レジンは色調の面で、なくてはならない材料ですが、何十キロという噛む力が食事のたびに加わる義歯を支えるには、義歯床のすべての部分をレジンで作ると、耐久性が十分ではないという欠点があります。

また、総義歯がお口の中で安定して機能するには、吸着させることが大切ですが、お口の中に安定して維持され、噛むこと、話すことができるためには、義歯にひびが入ったり、割れたりしないように作らなければなりません。

レジンは耐久性を持たせるために、ある程度の厚みも必要になり、金属床に比べて違和感が大きい傾向があります。

何より、使用している間に割れる心配があるという点は、レジン床の弱点です。

レジン床総義歯の場合、ひびや割れによって、吸着できなくなり、落ちやすい、噛めないなどの問題が生じてくるため、それを補うのが、金属床総義歯です。
もちろん、歯肉や見える部分は、色調が良いレジンを使いますが、上あごの部分は薄い金属になり、顎の土手の部分にも骨組みを伸ばして頑丈さを持たせます。

(下顎の総義歯の場合は、金属の使い方が少し変わりますが、噛む力に対抗する頑丈さを持たせるという点は同じです)
熱伝導性がレジにより高い金属を上あごの部分に使うことで、食事の熱い冷たいという感覚を感じやすくなるとも言われています。

 金属床治療の注意点

「金属床義歯は素晴らしい義歯ですが、材料だけを金属にすれば、義歯の性能が必ず良くなるというわけではありません」

義歯は、材料の問題が一番に来るのではなく、義歯としての基本的な形、かみ合わせ、審美性など、他のさまざまな要件を解決したうえで、材料を検討すべき治療です。

残念に思うのは、金属の中でもとりわけ高価な“金”を使った総義歯を作ったものの、痛くて噛めなくて、体重が何キロも落ちてしまったなど、せっかく良い材料を使ったにもかかわらず、うまく機能しないという相談を受けるときです。高価な金属を使っても、義歯の満たすべき要件が不足していると、治療は成功しません。

萩原歯科医院では、義歯治療を2段階のステップで行うことで、良好な治療を求めていきます。まず、レジン床の総義歯を作り、機能面、審美面の調整を十分に行い、問題を解消してからしか、金属床義歯治療には進みません。

レジン床は、レジン部分を削ったり足したりすることが容易で、患者さんに使っていただきながら、様々な修正を加えることが可能です。

その一方で、金属床は一度作ってしまうと、少しの切削は可能ですが、足すことは不可能。出来上がった義歯の修正が大変困難です。

そのため、レジン床義歯で調整を繰り返し、問題が無くなった状態になってからそれをそっくり同じ形にコピーした金属床義歯を作ることで、良好な結果を求める治療を行います。

やわらかい材料の総義歯についての注意点

最近、インターネット上でよく見かける「やわらかい入れ歯」を作ってほしいという相談もあります。

やわらかい義歯の材料は、いくつかあり、それぞれに長所があるのだとは思いますが、大学病院や大学の義歯の研究室で取り入れていないものが多く、長期的に安心して使える材料という認識は、まだできていない、というのが現状です。

うまくいっている患者さんもいることと思いますが、まったく噛めない、痛くて使えないという方も、よく相談に訪れます。

耐久性が低く、調子は悪くないが、3年ごとに新しく作り替えるように言われてしまったという方もいらっしゃいます。

新しい材料や、新しい技術の義歯をつくることも一つの選択肢かもしれませんが、私たちは、大切な患者さんであればあるほど、安定して長期に快適に使える義歯を提案したいと思っています。何より、自分や家族がもし義歯になるなら、新しい材料の検証が、多くの大学の研究室できちんとされてから使いたいと思います。長期的な実験や研究がきちんとされ、大学病院などの治療でも取り入れられているものを行いたいと思っていますので、いろいろなやわらかい義歯があるとは思いますが、大学としての確かな見解が出るまでは、当院にいらした大事な患者さんに使用する予定はありません。

インプラントと磁石を併用した総入れ歯

インプラントと磁石を併用した総入れ歯を希望される方も少なくありません。
実際に、総義歯が安定しない方には、インプラントを埋入して磁石を併用することで、安定性を格段に高めることが可能です。

しかし、初めから、インプラントと磁石に頼ることは、良いことではないと考えています。
インプラントは、大変良い治療方法ですが、それが一生トラブルを起こさずに済むという保証はありません。
特に、口腔ケアが難しい状況になってしまった時、インプラントの周辺が炎症を起こしやすくなり、インプラントの除去に大きな負担がかかる可能性もあります。
私たちは、インプラントを使わずに、安定した総義歯ができるなら、将来的なリスクがゼロではないインプラントを最初から使わない方が良いと考えます。

磁石は、残っている歯の状態があまりよくない場合や、歯の数が少ない場合に、義歯の安定を得るために用います。この模型は、一本もご自分の歯が無いケースにインプラントをして、それに磁石の一方を組み込んであります。。

完成した入れ歯の内側です。入れ歯に磁石を組み込んであります。お口の中の磁石と引き合って、入れ歯の安定を高めます。

完成した入れ歯です。

インプラントと磁石は、どうしても義歯が安定せず、ずれて痛い、という時にだけ、助けを借りる治療だと思っています。が、今までにお一人だけ、インプラントと磁石の助けを借りた方がいます。今までに適合が悪い義歯を使っていて、下のあごの骨が吸収されてほとんど平らになり、何としても下の総義歯が安定しなかった患者さんでした。

入れ歯もインプラントも長年手掛けてきたからこそ言える、それぞれの特徴を、誠意をもって患者さんにお伝えできます。

どの治療法が、その方にとって、どういったメリット・デメリットがあるか、幅広い技術と経験を基にお伝えすることは、歯科医師としての最低限の誠意だと、私は思っています。

同じ誠意として、私が精一杯治療をしても、真に難しい症例の場合も、難しいケースであることが明らかであれば、初めに正確にお伝えします。

私は、万能ではありませんので、どんな症例でもすべてを完璧に治療することはできません。治療をしても患者さんの現状を劇的に良くできないことが予想される場合もあります。その場合は、今の入れ歯をうまくお使いいただく方向でお話することもあります

何でもかんでも、新しく治せば良くなるわけでは無い場合もあります。治療をしても今よりもあまり良くならないと思われる場合は、現状維持を提案することもあります。

もし、自分が患者であったら、無駄な治療はしたくありませんので、患者さんを大切に思うなら、そういったアドバイスこそ、必要だと考えます。

歯科医師として、自分が得意な治療、やりやすい治療に偏ることがないように、患者さんの生活を少しでも快適にできることを第一に、いつも検討しています。

歯科医師として、自分が得意な治療、やりやすい治療に偏ることがないように、患者さんの生活を少しでも快適にできることを第一に、いつも検討しています。