自費の部分入れ歯だったのに、だめになりました

以前から歯が弱く、高齢になったら総入れ歯になるかもしれないと、思っていました。 とにかく、まだまだ若いので、お金をかけても良い治療をしようと、前の歯科医院では、下の奥歯に冠をかぶせて自費の部分入れ歯を作りました。けれども、部分入れ歯を使うと、歯肉も痛くて我慢できず、仕方なく外出時以外ははずしています。冠をかぶせた歯もぐらついてきました。ところが今日、奥歯にかぶせた銀歯が外れてしまい、歯科医院で「こんなになるまで放っておいて…もう総入れ歯しかないね。」と言われて途方に暮れています。  良い材料を使えば、良い入れ歯になると言われて自費の部分入れ歯を作ったのに、ダメになりました。自費だからと言って、良い入れ歯というわけではないのでしょうか?

材料だけを良くしても、入れ歯として抑えるべき点が足りないと良い義歯にはなりません

入れ歯を使うと、お痛みがあり、できれば入れ歯でない方法の治療をご希望なのですね。 まず、入れ歯は、入れ歯のことをよくわかっている歯科医師が的確に診査をしてしっかりと手順を踏んで作れば、痛みを感じることは、ほとんどありません。 痛みの問題よりも、取り外し式の入れ歯を避けたいとお考えでしたら、歯の残っている部位によっては固定式のブリッジという方法もありますが、橋を架ける歯がだめになると、ブリッジ全体を治すことになるので、最近の私の治療計画では、長期の機能を持たせる治療としては、残っている歯がブリッジがうまくいく良い条件でないとお勧めしていません。

ブリッジ以外で、入れ歯を使いたくないとのご希望でしたら、他の歯に負担をかけないインプラントを用いた固定式の方法になると思います。 いずれにしても、重要なことは今残っている歯を今後失わないようにすることの対応をしてもらわないと、ブリッジにしてもインプラントにしても部分入れ歯にしても、治療の繰り返しは続いていきます。 歯を失ってきた原因を診査し、ホームケアを含む予防方法を見直していただき、的確な設計のもとに治療をしていくべきです。 なお、当院では総入れ歯治療を受けられた方の感想にも、漬物でも、フランスパンでも何でも食べられるという方が多く、見た目も元の若々しさや、自信あふれる笑顔ができるようになったと、大変喜ばれています。 一般的に思っていらっしゃる入れ歯とは違った入れ歯についてのお話もできます。

もし、一度ご相談にいらしていただければ、現在お困りの痛みを解消してご希望の治療法をすることができるか、お話することも可能です。ご検討ください。