まだ40歳前なのに、総入れ歯と言われてしまいました  30代 女性

重症の入れ歯患者さんを主に受け入れる萩原歯科医院の患者さんからの相談例です。

まだ40歳前なのに、総入れ歯と言われてしまいました  30代 女性

20代の頃、歯並びを治すために審美歯科に行き、全部の歯を削ってブリッジにしましたが、はずれたり虫歯になったりで、何度も付け直すうちに、もうだめだから総入れ歯だと言われて、こんな若いのにとショックで眠れません。

30代、40代でも総入れ歯の方はいらっしゃいますが、まずはどの歯を抜くかの診断が必要

「若い時の大きなブリッジ治療がダメになった。」 「歯周病が一気に進んで、全部の歯がぐらぐらになった。」 など、30代でも、40代でも、たくさんの歯を抜かなければならなくなる人はいらっしゃいます。

とは言うものの、いきなり”総入れ歯”と言われれば、ショックを受け、不安になるのは当然だと思います。

そのうえ、抜いてから入れ歯ができるまで、歯のない時期がある、などと言われると、仕事ばかりでなく近所の買い物にも行けない、あるいは、歯が悪いことを内緒にしていた家族にも知られてしまうのは困る…と思い悩むことが増えてきます。

それらの対応策をご説明していきますが、まずは、本当に全部の歯が抜かなければならないのか、また、義歯以外の方法は無いのか、義歯でない場合のメリットデメリット、義歯のメリット、デメリットを考えていくことが何よりも重要です。

もちろん、総入れ歯になっても、支障なく生活をされている方、以前より不安なく生活をされている方はたくさんいらっしゃいます。

その一方で、将来的なことも考慮しながら、インプラントを選択している方、あるいは、今は義歯にするけれど、近い将来、インプラントに替えたいという方、など、いくつかの選択肢がある場合も少なくありません。

または、全部の歯を抜くのではなく、何とか残せる歯を残して、治療後に抜くことになっても簡単に修理ができるような設計の部分入れ歯にすることも検討できるかもしれません。

患者さんから「私みたいに悪い人はいませんね、先生が見たら驚きます」とよく言われますが、当院には長年にわたっての、年齢が若くても重症の方の多くの治療実績があるため全く驚くことはありません。

まずは、経過を伺い、希望を伺い、お口の状況を拝見することから、具体的な方法をお話しすることができます。