治療中、歯が無くなると仕事にも行けません (50代 女性)

治療中、歯が無くなると仕事にも行けません (50代 女性)

『ぐらぐらしている歯を抜いて入れ歯にしなければならなくなり、抜いて入れ歯ができるまで、しばらく歯のない状態で過ごすことになると言われました。人と会う仕事で、行けなくなるのは困ります。 抜いてすぐの入れ歯はできますか?』

インプラント、入れ歯、それぞれの特徴があり、患者さんによって異なります

インプラントは、他の歯の助けを借りなくても自立できるという素晴らしい治療法です。 その一方で、インプラントがダメになった時の骨の喪失の大きさや、他の歯がダメになって抜くことになった場合にさらにインプラントが増える場合が多くなる、など、将来的な見通しを立ててから治療法を選択しないと、治療後の負担が大変大きくなることも少なくありません。 定期的なメンテナンスに通い続けることができる方でないと、長期的に良い状況を期待できないため、定期健診に通えるという条件も外すことができません。 その一方で、入れ歯は、残っている歯の診断、入れ歯の設計が確実にできる歯科医院で治療を受ければ、長く歯を守りながら使うことができ、修理ができる設計も考慮して治療しておけば、将来のリスク対応がしやすい治療法です。

以下のページに詳しく記載してありますので、ご覧ください

→インプラントがダメになったら
→バネの歯が抜ける