治療中、歯が無くなると仕事にも行けません(50代 女性)

重症の入れ歯患者さんを主に受け入れる萩原歯科医院の患者さんからの相談例です。
ぐらぐらしている歯を抜いて入れ歯にしなければならなくなり、抜いて入れ歯ができるまで、しばらく歯のない状態で過ごすことになると言われました。人と会う仕事で、行けなくなるのは困ります。 抜いてすぐの入れ歯はできますか?

抜いたその日に仮の入れ歯がはいります

残りの歯をすべて抜いてしまうこと、そして、歯の無い状態で過ごす日がどうなるかご心配なのですね。もちろん、歯が無い状態が無いように、抜いてすぐ入れる義歯は絶対に作らなければならないと考えています。入れ歯治療は、きちんとした入れ歯を作るだけでなく、治療中も歯が無い状態にならないように、患者さんの治療中のストレスをできるだけ軽減できるように考えることは重要です。

部分入れ歯にしろ、総入れ歯にしろ、当院では、歯を抜いて、特に審美性に関係してくる前の歯が無い状態でお帰りになることは全くありません。
特別な方法であらかじめ入れ歯を作り、抜いた日にすぐに仮の入れ歯を入れてお帰りになれるように万全の準備をしています。患者さんが、とても心配する点ですので、治療を始める前に、その方法も具体的にお話しています。

まれに、お口全体のブリッジが外れて使えなくなり、すぐに作れないか、という相談もありますが、患者さんの状況によって、可能な範囲で応急の対応をすることもあります。
理想的には、抜いてすぐ入れる仮の入れ歯「即日回復義歯」は、治療を始めたその日に作るというものではありません。

ぐらぐらの歯でも、固定や型取りを工夫して、あらかじめ抜く日の前までに、抜いてすぐにセットできる「即日回復義歯」を準備しておき、抜歯をしたその日のうちに仮の入れ歯を装着してお帰りいただく、という治療をすることで、全く歯の無い時期をなくすことができます。
場合によっては、他の歯科医院で製作したものの、痛みやゆるみで使えないという入れ歯等を改造して、一時期的にそれを仮歯として使用する場合もあります。

患者さんのお口の状況は、一人として同じことはありません。まずは、患者さんのお口の中を拝見して、どのように対応できるか、どのように進めていくか、初診相談時に説明させていただきます。