患者さんの声と治療経過(部分入れ歯編)

歯を失いたくない、長く使える入れ歯を(40代女性)

当院を受診されたきっかけは?

15年ほど前から歯周病がひどくなり、歯を2本抜いた時から、部分入れ歯を使うようになりました。 が、これまでの歯科医院では歯を残すことにあまり熱心ではなく、針金をかけている歯を一本、一本と抜くことになりました。現在は、上顎に2本、下顎に前歯6本あるだけです。 先日、ついに、もう後は、総入れ歯しかないと、言われましたが、40代で、上下とも総入れ歯になるのかと思うと、いたたまれなくなり、当院を受診しました。

患者さんの希望は?

入れ歯を作っては歯が弱くなり、また入れ歯を作り・・・ずっと歯の治療を繰り返し、そのたびに歯が少なくなってきました。もうこんな思いはしたくありません。 これ以上、1本も歯を失いたくないし、長く使える入れ歯を作りたいとも思います。 とにかく、これで治療を終わりにしたい。それが私の切実な願いです。

治療後の状態は?

上顎はマグネット(高性能磁石)を使って、残った歯の保存と、入れ歯の安定を図っています。下顎は、残っている前歯を連結して、補強しました。さらに、将来的に下顎の歯を失うことになっても、簡単に修理がでるような形に設計をしておきました。 この入れ歯を作ってから5年経ちますが、定期的な検診と患者さんご自身のお手入れがきちんとなされ、入れ歯も残った歯も健康な状態です。